3/27 昼間の性⑥

妻は俺に跨がり濃厚なベロチューをしながらマクリトリスを肉棒に擦り始めました。また喘ぎも次第と大きくなり出し、「イッ、イク」とピクリ!
妻は逝って固まり、しばらくすると「早く入れて欲しい!」「硬いの早く」と、喘ぎとは正反対に小さな声で囁き出しました。
そのまま、下からマンコに肉棒を突き刺してやると妻は大きく息を吸って無呼吸でピクピクと痙攣しだし、痙攣が落ち着くとマンコから肉棒を抜こうとするので、妻の逃げるマンコを追う様に、更に下から肉棒を突き刺してあげると妻は牝と変貌し喘ぎ叫んで痙攣してました。
続きます。
スポンサーサイト
[PR]

3/27 昼間の性⑤

妻は掃除フェラした後、俺の顔にマンコを差し出しきました。俺は潮でビショ濡れになり滴るマンコ舐めてやりました。
69で舐め合うと妻は肉棒を咥えながら牝ほく喘ぎ始めました。
続きます。

3/27 昼間の性活④

放心した妻の前に仁王立ちすると妻は「硬いの好き」と言いながらシャブリついてきます。
俺は興奮と妻の気持ちの良いシャブリに耐える事が出来ず口内へ一発出してしまいました。妻はスペルマを飲み込み「まだ硬い」と言いながら掃除フェラをしてくれました。この日は一発出したのにも関わらずビンビンなままでした。
続きます。

3/27 昼間の性活③

続きです。
最終、妻のヌルヌルになったマンコを舐めてやりました。
妻の身体を起こし、乳首を軽く嚙りながらマンコを撫でてあげたら「駄目!駄目!」と言いった途端に潮を軽く吹きだしました。
妻をうつ伏せにし、俺は潮が残るマンコを啜り舐め、クリトリスを舌先で強目刺激してやると妻は大きな声で「嫌!止めて、あっ駄目」と喘ぐと俺の口と顔に潮をピュっ、ピュと吹きだし妻は1分位だと思うが放心状態でした。妻の愛液まみれになる事が更に興奮を引き立てくれました。
続きます。

3/27 昼間の性活②

続きです。
妻が濡れてると甘い声で囁くから俺は妻の愛液をススリ舐めまわしてさました。妻は喘ぎながら「気持ちい~、もっ、もっと!」とオネダリしてきます。
すると妻は「乳首を吸って」と言い、上着を脱ぎ、俺の顔に擦り付けてきたので、舐めまわし強弱をつけながら吸ってやりました。妻は喘ぎ、軽くピクりだしました。
妻は「欲しい」と言いまたヨダレ塗れになるキスをし、硬くなった肉棒を摩り握ってきます。
とにかく妻が愛おしくなり妻を再度、四つん這いにし吸い舐めわしてあげたら、妻はピクピクしながら喘ぎだしました。
続きます。